インフルエンザ処方薬としてリレンザかタミフルかで迷う女性

インフルエンザを発症したらまず、大体の人は病院に行くと思います。インフルエンザには、有名な薬が2種あります。リレンザとタミフルです。ではリレンザを処方するかタミフルを処方するかは、どのように決まっているのでしょうか。

インフルエンザ感染対策は室内湿度チェックとリレンザ

日本の冬には多くの人々を悩ませる流行感冒症が存在します。それがインフルエンザ感染と言う感冒症です。インフルエンザは一般的な風邪とは異なり、40度を超える高熱が出ることが特徴的です。高熱のために酷い関節痛や頭痛も見られ、大人でも立っていることが難しくなり生活がままならなくなります。また下痢や嘔吐なども見られ、食欲も落ちてしまい衰弱するのが特徴的です。またインフルエンザは人から人へ感染が拡大してしまう問題があります。感染者のウイルスを含んだ咳やくしゃみでもたらされる唾液のしぶきを他人が吸い込むことで、肺にウイルスが侵入し感染が拡大していきます。また感染者の糞尿にもウイルスが混入しており、トイレなどの公共施設でも頻繁に感染していく特徴があります。インフルエンザに感染しないためには、様々なことが言われています。接触感染や飛沫感染しないように手洗いやうがいを徹底することが大事です。それと同時に室内の湿度を常にチェックすることも忘れてはいけません。インフルエンザウイルスは乾燥した環境を好み、そこで増殖していく傾向にあります。湿度50パーセントを上回るとインフルエンザの活動はにぶくなるので、加湿器などを用いて室内の湿度を常に50パーセント以上に維持することが大事です。しかしながら人の免疫力が低下していると、体が弱り抵抗力も弱まるのでインフルエンザに感染しやすくなります。そのため免疫力や抵抗力が弱い高齢者や子供、持病のある人などはリレンザを用いて予防対策をすることも大事です。リレンザは一般的に感染してから治療薬として用いられるものですが、免疫力の弱い高齢者や持病のある人、小児などを対象に医師はリレンザを予防薬として処方してくれることがあります。リレンザを感染する前に吸入しておけば、万が一ウイルスが肺に侵入してもそれ以上増殖をせず、重度の症状に見舞われずに済みます。