インフルエンザ処方薬としてリレンザかタミフルかで迷う女性

インフルエンザを発症したらまず、大体の人は病院に行くと思います。インフルエンザには、有名な薬が2種あります。リレンザとタミフルです。ではリレンザを処方するかタミフルを処方するかは、どのように決まっているのでしょうか。

リレンザ服用の注意点と検査を受ける価値

リレンザはインフルエンザ治療薬として利用されている医薬品の一つであり、吸入薬であることが特徴です。インフルエンザが発症してから48時間以内に使用を始めることによって治療にかかる時間を短くすることができるのがその効果として知られています。そのため、リレンザを使用する際の注意点として覚えておかなければならないのが、発症してそれ以上の時間がたってしまってからでは効果がない可能性もあるということです。風邪かどうか悩んでしまって数日がたってしまうとそれでリレンザの効果が得られない可能性があります。また、逆に風邪をインフルエンザだと勘違いしてしまって個人輸入でリレンザを手に入れて使用しても効果が得られません。そのため、インフルエンザシーズンになって高熱や悪寒などの症状が出てきた場合にはすぐに医者に行って検査を受けることが重要になります。わずか十分少々で検査結果が出る検査キットが流通していることから、医者に行けばインフルエンザかどうかの確定診断をしてもらい、リレンザを処方してもらうことができます。その日のうちに手に入れられることから、発熱してインフルエンザを懸念し始めてから速やかに最初の服用をすることができるでしょう。ただし、検査を受けるときにも注意点があります。インフルエンザウイルスに感染してからあまりに初期の場合には検出ができない場合があることです。しかし、シーズンになると医者もそのことには敏感になっているため、翌日にもう一度来て検査を受けることを勧めてくれたり、症状から判断してインフルエンザだと考えてリレンザを処方してくれたりするようになっています。48時間という枠があるからこそ医者もその時間内に薬を渡せるようにしているのです。